2001年1月25日木曜日

ビート・クラフトが「Biportableトライアル」に参加

NTT、NTT東日本のブロードバンド共同実験が3月より開始、ビート・クラフトが技術協力で参加

ビート・クラフトはこの度、日本電信電話株式会社(NTT、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮津純一郎)と 東日本電信電話株式会社(NTT東日本、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:井上秀一)が3月より開始する ブロードバンド共同実験「Biportable(バイボータブル)トライアル」に技術協力し、無線技術を利用したブロードバンドサービス向けの アプリケーションを研究開発及び提案を行っていきます。

NTT、NTT東日本は本年3月より8月までの半年間、東京渋谷エリアを中心に無線技術と光IPネットワークを利用した ブロードバンド共同実験「Biportableトライアル」に40社を超える実験参加企業と共同で展開します。 (Biportableトライアル詳細につきましてはこちらをご参照ください)

ビート・クラフトは「Biportableトライアル」にてモニタ配布される一部端末に MediaOS である BeOS が採用されるのを受け、 BeOS 用 AWA 無線カードのデバイスドライバの開発とブロードバンドサービス向けのアプリケーションの研究開発及び提案を行なっていきます。 トライアルへの技術協力で得られたノウハウをブロードバンド・大容量 コンテンツに対応したInformation Appliance(情報家電)の開発に役立てるとともに、 この分野におけるBeOS,BeIA の優位性をアピールしていきます。