2010年7月30日金曜日

AMI602 評価キット

アイチ・マイクロ・インテリジェント株式会社様よりAMI602の評価キットをお借りすることができました。
これで位置検出の検証が正確にできそうです。
















AMI602 は非常に精度の高いセンサで bc10 に搭載されています。

2010年7月22日木曜日

Arduino の AMI602 Shieldを作る(5)


MTM05AMI602Breakoutモジュールを購入された方には、基板のみですが
AMI602シールドを無料で提供させていただきます。

提供方法

Gadget1 R2 Bekkoameにてお渡し
 弊社の展示ブースに AMI602Breakout モジュールを持参してください。
 注:参加登録が必要です

・弊社にてお渡し
 AMI602Breakout モジュールを持参してください。
 注:事前連絡をお願いします

よろしくお願いします。

2010年7月21日水曜日

Arduino の AMI602 Shieldを作る(4)

製造を依頼していた P板.com より基板が届きました!

各部品を実装したものが以下の写真です。
配線不要なのでユニバーサル基板よりかなり楽ですね。















このAMI602 Shieldは少量ですが、AMI602 Breakoutモジュールと併せて
Make Ogaki Meetingで販売予定です。
http://www.makeogakimtg.org/

よろしくお願いします。

2010年7月16日金曜日

ワイヤレスジャパン 2010

7月14日より3日間、東京ビッグサイトで開催されました ワイヤレスジャパン 2010 に bc10 を出展いたしました。

Day One


Day Two




Day Three
最終日は、お客様の対応におわれ写真がとれませんでした。

たくさんの方々にブースにお立寄り頂きまして、まことにありがとうございました。また、今回の出展に際し、ご配慮頂いた日本Androidの会の皆様にも心よりお礼を申し上げます。

2010年7月13日火曜日

ワイヤレスジャパン 2010 前日準備

明日、7月14日(水)から16日(金)まで、東京ビッグサイトにて開催されるワイヤレスジャパンのブースの設営に行ってきました。ブースは、日本Androidの会のセクションの中にあります。ワイヤレスジャパンでは、OMAP3530用に移植したAndroid 2.2(Froyo+SGX)を搭載した Open Source Gadget:bc10 (写真左下)の展示・デモを行います。






ワイヤレスジャパン 2010 (WIRELESS JAPAN 2010)
    会期:2010年7月14日(水) - 16(金)10:00 ~17:30(最終日17:00)
    会場:東京ビッグサイト 東1・2ホール (アクセス・マップ)
   ブース:S-A7 (日本Androidの会)
   入場料:無料
     
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

2010年7月9日金曜日

Arduino の AMI602 Shieldを作る(3)


回路図の確認ができましたので、基板データの作成を行います。
基板データの作成は回路図のときと同様にEAGLEを使います。

EAGLEは慣れるまで大変ですがヘルプや参考書籍を見ながら操作していきます。
基板デザインは以下のようになりました。



















このデータからガーバーデータから基板作成を業者に発注することにします。
EAGLEでの製造実績がある P板.com(http://www.p-ban.com/)にお願いしました。

次回は製造されたプリント基板への実装と動作確認を行います。

--
PC(Processing)側に地磁気センサの値から方角の表示を追加しました。
















2010年7月2日金曜日

Arduino の AMI602 Shieldを作る(2)

今回は作成した回路図をもとにユニバーサル基板上で回路を組み動作を確認します。

前回から回路図に変更があります。

(1).電源回路(右上)、2V出力部分に抵抗(330Ω)を付けます。
LM317SZの場合、負荷が5mA以下の場合に設定電圧よりも上昇するためです。

(2).レベル変換

BSS138が入手できなかったのでBSS123を使用します。
74VHC126は3回路が無駄になるのと、その分の抵抗が必要になるのでBSS123を使用することにします。













この回路図をもとに作成したのが以下の画像です。
















電源回路は2Vを出力するように設定しましたが、USBの電圧が4.4V位でしたので1.9Vになりましたが問題なく動作しました。

次回はプリント基板データの作成~作成依頼までを行います。