2017年10月12日木曜日

ビート・クラフト、レンズを使用しない顕微鏡である世界最小のLFIを東京農工大学と共同開発

株式会社ビート・クラフト(以下「ビート・クラフト」)は、デジタルホログラフィーと画像再構成技術をもとに、レンズ、ミラー、ビームスプリッターなどの光学部品を使用しない顕微鏡である世界最小のLFI(Lens-Free Imager)を東京農工大学大学院工学研究院先端情報科学部門(工学府情報工学専攻・工学部情報工学科)の中條拓伯准教授の研究室と共同で開発しました。

LFIは、サンプルに照射したレーザー光による干渉波から、計算処理により対象の画像を再構成するため、レンズを必要としません。光学顕微鏡と違い構造はシンプルで、焦点を合わせる必要がないため、高速に広範囲の撮影が可能です。また、位相差顕微鏡と同様に、細胞など無色透明なサンプルも非侵襲で観察ができます。

【ビート・クラフトについて】
 ワイヤレスネットワークやマルチメディアの分野を中心に、ハードウェアやソフトウェアの研究、開発をおこなっています。自社製品開発以外にも、パートナー向けに組込み機器に関係するハードウェアやソフトウェアのソリューションを提供しています。

【中條研究室について】
 コンピュータアーキテクチャ、ハードウェアによる高速化や組込みシステムを中心に、Java言語といった高級言語によるハードウェア設計ツールの研究開発とともに、IoTにおけるリコンフィギャラブルシステムの開発環境の実現を目指し、さまざまな研究成果をあげています。


LFI概要図


LFIの大きさは、4cm x 4cm x 9cm (コードを含まず)。LFIの基板の大きさは、3cm x 3cmです。

(東京農工大のプレスリリースはこちらになります。)

0 件のコメント:

コメントを投稿